インプラント治療の流れ

インプラント治療は、

  1. 予約・カウンセリング
  2. 検査・診断
  3. インプラントを埋め込む手術
  4. 骨とインプラントが定着するまで一定の期間待つ
  5. 人工歯をかぶせる

という流れになります。

予約・カウンセリング

1予約・カウンセリング

当院はすべての患者様に予約してからのご来院を推奨しています。特にインプラントを検討されている方は、事前のカウンセリングや検査が重要になるため、時間の余裕を持ってご予約ください。
カウンセリングでは、患者様より「どのようなインプラント治療をご希望か」「どのようなことに不安を感じていらっしゃるか」などを、具体的にうかがっていきます。その際、当院からも全体的な治療の流れや期間、料金のことなどをしっかりお話いたします。まずは何でもご相談ください。

検査・診断

2検査・診断

歯科用CTやデジタルレントゲンなどを使用して、歯の状況を徹底的に検査します。どれだけの歯が失われているか、残っている歯がどんな状態かなどを見ていきます。さらに、その患者様の骨格や骨の硬さ・大きさ・噛み合わせなどを把握しておくことも、治療にあたっては重要なポイントになります。
CTの3次元の立体的な画像によってインプラント治療に必要な細かな状態を知ることができるため、最適の治療計画へと繋げることが可能です。
ちなみに、その他の最新機器も、インプラントを埋め込みから人工歯装着までさまざまなシーンで高性能に働き、安全で正確な治療を支えます。
検査後、患者様の状態に合わせた治療計画を立て、その方法や流れなどをご説明します。

インプラント埋め込み手術

3インプラント埋め込み手術

その後、具体的な治療に進んでいきます。まずは、インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。インプラントの埋め込み手術には、2回法と1回法の2種類があります。文字どおり、手術を2回行う方法と1回のみの方法です。検査によって導き出された患者様の状態に合わせて、適した手術法を選択します。
いずれにしても、インプラントを埋め込んでから骨に定着するまで約1カ月~3カ月程待ちますが、患者様の口腔内の環境や上顎か下顎かなどの違いによって、期間は個人差があります。

4人工歯をかぶせる

インプラントと骨がしっかり着いたことが確認できたら、人工の歯を装着していきます。天然歯と変わりないフィット感や噛み合わせを実現するための微調整を行って、患者様の歯の色や形などに合わせた人工歯を製作し、装着します。その後の経過を見て、治療終了となります。
治療後も定期的なメンテナンスをさせていただきます。

手術について

2回法

2回法

1次手術と2次手術の2回に分けて行われます。
1次手術はインプラントの埋め込みを施すものです。歯肉を切開して骨にドリルで穴を開け、そこに人工歯根を挿入し、歯肉でフタをするように縫合します。手術時間は1~3時間ほどで、入院の必要はありません。
2次手術では、縫合していた部分をふたたび切開してアバットメントと呼ばれる人工歯根と人工歯を連結する器具を装着します。

1回法

人工歯根とアバットメントが一体となったワンピースタイプのインプラント体を、1度だけの手術で挿入するというものです。
手術が1回で済むという点において、2回法に比べれば患者様の身体的負担が軽くて済むというメリットがあります。

ただし、顎の骨がしっかりとしていなければ1回法手術は難しいため、患者様の状態に合わせて選択します。

お気軽にご相談ください

昭和バス北原東口徒歩1分、JR九大学研都市駅徒歩6分。
インプラント治療・セラミック治療・ホワイトニング・
矯正治療などに厚く対応させていただき、信頼と実績を重ねております。

TEL:092-805-1110TEL:092-805-1110
  • オフィシャルサイト
pagetop